寝る前の一手間が大事!髪はシルクでまとめよう

綺麗な髪のためのシャンプーとは

正しいシャンプーの仕方

最初に髪の根元から軽くコーミングして滑らかにして髪の汚れをとり、その後ぬるま湯で濡らして流すことで表面の汚れも取り除きます。
シャンプー剤を泡立てて洗いますがプロの美容師さんはシャンプーの前に頭をブロックで部分分けして始めます。
側頭部から頭皮に向かってシャンプーするのですが、髪をシャンプーすると言うより頭皮を綺麗にすることが重要で指の腹で洗います。
頭皮をマッサージすることに注意すれば日常的に意識をして自分でも出来る方法ですね。
その後洗い流しますが、ここでも特に頭皮にシャンプー成分が残っていないように丁寧に洗い流すことが大切ですね。
仕上げとしてコンディショナーやオイルをさっとつけますが、リンスもコンディショナーも不要なシャンプーもあるのでその辺は必須ではないかもしれません。
美容院でもオイルはべたつくと言って断る人もいるので髪質や好みにもよるでしょう。

髪のタオルドライ

髪を洗ったあといきなりドライヤーではなく必ずタオルで最初に水分を取る人が殆どではないでしょうか。
タオルにも使い方があります。
ドライヤーをかける前のタオルドライはとても重要です。
美容師さんがいつも丁寧にしてくれるように最初はふんわりタオルを頭にかけて、頭皮の水分を力を入れず吸収させます。
毛先もポンポン軽くたたいて拭き取りましょう。
ついごしごし拭きたくなりますが、髪とタオルとの摩擦によってキューティクルを痛めてしまいます。
かといって濡れた髪の状態で時間を置くと髪の毛へのダメージが大きくなります。
吸い取ったタオルは新しいタオルに変えるとより吸収力が高まります。
タオルドライをきちんとすることでその後のドライヤーの時間を短縮できますし、髪の毛の負担も少なくすることができますね。


この記事をシェアする