寝る前の一手間が大事!髪はシルクでまとめよう

髪の美しさは夜のケアーで決まる

シルクの様な滑らかな髪

まずは髪の毛のメカニズムを知っておきましょう。 洗い髪を放置してはいけないと言われていますがそれには理由があります。 髪を大事にしているひとは雨に濡れるだけでも痛むことを知っています。 髪の毛を外側から守ってくれているのがキューティクルです。 キューティクルとは何でしょう。 もっと読む

シルクヘアーを目指す

年齢を問わず美しい髪は女性の憧れではありませんか?
お肌のお手入れは念入りでも髪にはそれほど手間暇かけないと言う人も多いかもしれません。
でも高齢の女性でもよく手入れをされた髪の毛の人は全体的に清潔感や美しさを感じさせるものです。
仕事の後で飲み会や食事会があって疲れると、お風呂に入るのも面倒なくらいで、髪をやっと洗ってもそのまま翌日まで放置してしまった何ていう事もあるかもしれませんね。
でもこの濡れたままの状態にしておくことが髪の毛にも頭皮にも非常に大きなダメージを与えてしまう行為なのです。
お肌のお手入れも洗顔の後放置しておくとカサカサになったりしわが増えたりは実感できますが頭皮もお肌と同じです。
頭皮のダメージはそのまま髪に直に影響を与えます。
「寝癖がついたら翌朝寝癖直しウォーターで治るよ」と言う人もいますが体調が悪くどうしてもきちんと乾かせなかった時の処置方法でしかありませんから、繰り返すことによって、より痛みが激しくなってきます。
濡れた髪はタンパク質組織成分が切れてしまうので、タオルやドライヤーによって元の状態に戻すことが大事なのです。
濡れた髪は乾かさなければなりませんが、乾かし方も間違った方法では、やはり髪を痛めることがあります。
毎日毎日のことなので、面倒と感じる人もいるかもしれませんが、こつや手順を覚えてしまえばそんなに大変なことではありません。
美しい髪のために頑張ってみましょう。
具体的にはどの様にお手入れしたらいいか参考にしてください。

綺麗な髪のためのシャンプーとは

シャンプーの頻度が高いと髪を痛めると言いますが正しいシャンプーで防ぐことができます。 シャンプー剤の選び方にもよりますが洗髪の順序も大事です。 水、ぬるま湯、熱めのお湯など使う温度にも影響がありますね。 殆どの人が毎日シャンプーするのですから正しい方法を知ることは髪のケアーには重要ですね。 もっと読む

髪に優しいドライヤーの使い方

ドライヤーで髪を痛めると思っている人も適切な風力や温度を知ることでダメージを少なくすることができます。 美しい髪のためには早めの乾燥がポイントですから髪を守るアイテムとも言えるのです。 高機能付きドライヤーは理想的ですが持っていない人は工夫で同じような効果を出すことも出来ると思います。 もっと読む